沖縄で有名なハブ園を見学出来る

特色ある沖縄観光を楽しむ

沖縄旅行といえば、沖縄本島中部にある有名ビーチリゾートの海水浴や、ソーキソバやチャンプルーといった沖縄料理を堪能する観光などが有名ですが、個性的な観光を楽しむ事が出来るのがハブ園です。沖縄本島南部に位置するハブ園は、沖縄県内にあるテーマパーク内の一施設として営業していて、ハブのショー会場、資料館、屋外生体展示場などの施設に分かれています。ハブ園は、沖縄・奄美地域に棲んでいるハブを筆頭として、ハブの大敵と言われるマングース、ヤドカリ、ゾウガメといった生物の展示が見られる点が最大の魅力です。爬虫類好きな人にとっては聖地のような観光地と言えるので、沖縄旅行のスケジュールに組み込んでおくのが良いでしょう。

ハブ園の各施設を長時間楽しむ

ハブ園のスタッフは、ハブの生態に詳しいのはもちろんであり、爬虫類を愛する人が多く働いているので、展示動物に関しての生態やわからない事があればすぐに答えてもらう事が出来ます。ハブのショー会場は、1日5回に分けてそれぞれ20分のショーが開催されていて、ウミヘビとマングースの水泳競争も人気です。ショーの後は、蛇と一緒に写真撮影が出来るので、苦手でない場合は一緒に撮影してもらいましょう。資料館は、希少な桜色のハブを見る事が可能となっており、縁起の良いハブを見て幸せな気分に浸る事も出来ます。屋外生体展示場は、ハブを自然のまま見せるために、大量のハブを放し飼い状態にしているので、他では見る事が出来ない展示方法と言えます。

久米島のツアーでは、美しい海や砂浜を眺めたり美味しい食事を堪能できるなど、リゾート気分を味わえる魅力的なプランが揃っており、多数の旅行会社で取り扱っています。